台所で起こる水漏れトラブル

台所の床やシンクの下が、気づいたときには水漏れで濡れていることがあります。焦りがちな状況ですが、いったん冷静になって止水栓を閉め、周囲の水気をふき取ってから、原因となっている場所を探してみましょう。

■排水口、排水管まわりが原因の場合

排水口には、排水トラップと呼ばれる、常に水が溜まっている場所があります。丸い排水口のふちに、排水トラップとシンクのつなぎ目が確認できます。このつなぎ目の隙間を埋めるためにゴムパッキンが使われており、これが劣化すると隙間が大きくなるためシンクの下に水が漏れてきます。
シンク下を確認すると、太い排水管が伸びていて、大きなナットがいくつか使われています。このナットのゆるみによっても水漏れが起こります。また、蛇腹状の排水ホースを使用している場合には、経年劣化による排水ホースの破れが原因となることが多いです。床下の排水管と排水ホースの接続が何かの衝撃でずれて外れることもあります。
目視で異常が見つけられない場合は、排水管の詰まりが原因と考えられます。

■給水管や給湯管が原因の場合

台所の蛇口へとつながっている給水管や給湯管がシンク下の扉の奥にありますが、これらの管が破損していると水漏れが起きます。給水管と給湯管にはそれぞれ止水栓が付いていますが、この止水栓の故障が原因となる場合もあります。
止水栓を止めても水が漏れてくるときは、止水栓の故障が原因かもしれませんので、家の水道の元栓を閉めて修理をお願いします。


■まとめ
台所での水漏れは、給水管が原因の場合と排水管が原因となる場合があります。まずはどちらからの水漏れなのか確認し、それぞれに合った対処方法を選択しましょう。どちらが原因だとしても、修理業者に依頼すれば迅速に修理してもらえます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ