排水管の水漏れ原因と修理方法

排水管 水漏れを起こす原因として多いのは、排水管の内部の詰まり、各パーツの接続部分のゆるみ、そして経年劣化の3つです。いざという時のために、その解決法も知っておきましょう。

■排水管の水漏れの3大原因

排水管に汚れが蓄積したり、何か異物が混入したりすると、詰まって水の流れが悪くなります。やがて容量オーバーとなっていき、排水口や管の外側へ水があふれます。
パーツ同士を接続している部分が徐々にゆるんできて隙間ができたために、そこから水が漏れることもあります。ゆるみは地震などで衝撃が加わったときにも発生します。また、排水管を10年以上使い続けているなら、経年劣化が原因とも考えられます。

■排水管の水漏れを修理する方法

接続部分のゆるみは、ナットを閉めなおすことで解決できる場合が多いです。このとき、あまりに固く締めすぎると余計な圧力がかかり、管の損傷につながるため適度な力で閉めましょう。排水管自体や接続部分のパーツが古くなり劣化している場合は、新しい物への交換が必要になります。
接続部分や排水管を調べて亀裂やゆるみなどが確認できない場合、排水管が汚れて詰まっていることが水漏れの原因と考えられます。この場合は、管の内部をきれいにすれば解決できます。市販のパイプクリーナーや重曹で洗浄できますが、このとき、少し熱めのぬるま湯で洗い流すとより汚れが落ちやすくなります。また、詰まりの予防のために、普段から洗浄してきれいに保つことが大切です。

■まとめ
排水管からの水漏れはある程度原因を絞ることができます。確認して自分で簡単に直せるのであれば対応しましょう。排水管の水漏れを放置した場合、さまざまな二次的被害が起こることが予想されます。汚れた水が漏れることで周囲に異臭が立ち込めたり、床下や階下の部屋へ浸水して建物自体にダメージを与えたりします。水漏れを見つけ次第、修理をすることが鉄則です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ